同じ材料で頑張って水餃子と、焼き餃子を作ってみた。

料理レシピ
スポンサーリンク

「水餃子」と「焼餃子」

欲張って両方作りました。好みはそれぞれ。具はまったく一緒です。

(用意するもの 餃子の皮40枚分)
・豚挽肉 300g
・餃子の皮 40枚
・ニラ 3/4束
・白菜 100g
・キャベツ 100g
・生姜 1片
・ニンニク 1片
・塩、胡椒 少々
・ごま油 大さじ1
○人参 1/4本
○エノキ 1/3束
○ネギ 1/3本
○白菜 葉の部分少々

1.白菜とキャベツはそれぞれ微塵切りを繰り返して何回か刻む。


2.ボウルに入れて軽く塩を振り放置。
3.次に水餃子のスープを用意する。1リットルの水を鍋に入れて鶏がらスープの素を大さじ1〜2いれ、○の材料を全部入れる。切り方はネギと人参はななめ切り。弱火にかける。

4.その間に、豚挽肉を別のボウルに出して粘りが出るまで揉む→(わたしはビニール袋かビニール手袋使います)
5.2のキャベツと白菜を絞って野菜から出る水分を可能な限り落とす→(わたしは台所排水溝のネットに入れて水分を思いっきり絞り出します)


6.5を4の挽肉のボウルに入れて、更に揉む。


7.微塵切りにした生姜とニンニクを混ぜて、塩胡椒、ごま油を混ぜてまた揉む。

8.ボウルの中で混ざった挽肉をざっと4等分にする。


9.焼餃子はそれぞれの家庭の包み方で包む。20個分の目安をつけながら包んでいく。


10.水餃子の皮の包み方はひだをつけずに半分にしてすみに水をつけて閉じ、両端を重ねていく。特に焼餃子と同じ閉じ方でも問題はない。


11.包んだものはふきんをかぶせて乾燥しないようにする。
12.3のスープに20個の水餃子を入れる。浮き上がってくればオーケー。ポン酢やラー油醤油などで食べてもいい。


13.焼餃子は油を引いて熱したフライパンに丸くなるように手早く並べていく。
14.お湯を50〜80mlほど、餃子が3/4隠れるほど注ぎ、蓋をする。
15.プツプツいってお湯がなくなり、餃子の中身が透けて見えてきたら、1つ2つ裏を見て美味しそうな焼き色がついていたら、フライパンに合うお皿をそのまま、フライパンにかぶせて、ひっくり返す。


16.黒酢やラー油、お醤油など好みでいただく。

 

※ポイント
キャベツと白菜を半々に入れることで、野菜の旨味と甘味が増します。挽肉を捏ねる時、一気に捏ねないで何回かに分けて捏ねるとその都度チカラも入って粘りが強くなりました。大葉を混ぜると風味がいいです。水餃子は単に熱湯で茹でて、氷で冷やしてツルッと食べるのもいいかもしれません。

コメント